検索

新年一発目の隆治会の研修は、北海道富良野のレジェンドメロン農家、寺坂さんです。

https://furano-melon.jp

あまりにも有名ですよね。本も2冊出版されています。行ってきました。


他ではなかなか教えてくれない、もちろん寺坂さんの本にもかかれてない、売り上げじゃなくて純利益のこと。内部留保と社員還元のバランス、その考え方。

寺坂さんの地域農業の歴史と、寺坂農園の富良野での立ち位置や今後のビジョン。


それだけのために行って、大雪に見舞われて、飛行機欠航・JR在来線全線運休になって、青森に帰ってくるのに24時間くらいかかりましたが、とても価値ある時間でした。


自分も売上1億円は法人化から2年で達成しました。創業時からの売上規模は4倍になっています。

ただ、「儲ける」と「稼ぐ」は違います。


農業は儲けられません(笑)ただ、稼ぐことはできます、確実に。自分に流れる時間を現金に変えることは農業にはとてもチャンスがあると思っています。


いろいろ話を聞いた中で、夜の懇親会の席で話していた一言をピックアップ。


「頑張らなくていいんだよ」と社員教育する寺坂さんがFBにその内容を投稿したら、自分も大尊敬する野菜くらぶ社長:澤浦さんが「弊社は”頑張る”です」というコメントをしてくれた、というもの。


これはまったく逆でありながら、同じビジョンに対する経営者の性質の違いが如実にわかる出来事だと感じました。


自分は澤浦さんタイプです。心が折れたことがないですw。

”ポジティブ病”と自分ではよんでます。


経営者のスタンスは違えど、どちらの経営も同じ理念のもとにあると感じました。

それは


【従業員が「頑張ろう!」という情熱を抱いた時、その熱意の受け皿になる仕事を与えなければいけないのが経営者】


ということです。自分も『自分を耕すためにその土がある』と思っています。

経営者(創業者)はビジョンを持っているので、自分の情熱の注ぎ先が明確ですよね。でも従業員はそうじゃない。会社の業績がどうなっても自分の給料は担保されているわけで、取締役になって初めて見える視野なのではないでしょうか。


澤浦さんはFacebookのプロフィールページに「今 ここで頑張らずに いつ頑張る」と掲げています。一瞬一瞬に自分ができる全力を込める澤浦師匠。

「自分のペースでやれると思った時は頑張るけど、そうじゃない時は頑張らなくていいんだよ」という寺坂さん。これが成立するのは、寺坂さん本人がめちゃくちゃ努力家だからです。頑張ってない人がこう言ってるんじゃなくて、頑張っている人が言っているんです。


これは本ではわかりませんでした。実際に会って向き合わないと。同じ時間を共有して感じた内容でした。忘れる前に書いておきます。









明けましておめでとうございます。

余裕(興味)がなく、来年が寅年であること、自分が厄年であることに気づいたのは大晦日です。そういえば年賀状は一切トラ関係なしで書いちゃいました。。


除雪を終えたら、日の出が。1月2日。

去年が米価下落でどん底だったからとか、そういうことではなく、おそらく手を抜いたら一気に落ちる。それくらいの緊張感が米農業業界にはあると感じてます。


除雪しながら音楽を聴こうとイヤホンをしても、音楽を流すことなく作業は終了。

流すことも忘れてました(笑)。いろいろ考えました。


個人経営は「生きる」ということ。

法人経営は「生かす」の中に「生きる」が在るということ。


客観的な視点こその課題と重圧に押し潰されそうな令和3年でしたが、完全に尾を引く令和4年へ突入です。ここが正念場、間違いない。


今年、胸に掲げる言葉を決めました。【込める】。意味はいろいろ。

込めることの熟練度を上げるには、込められたものを受け取ることからですね。


気合いを入れて望みます。

やることはもう決めました。

皆さんにとって良い一年になりますように!今年もどうぞよろしくお願い致します。

会社を立ち上げて事務所を移してまもなく、イセキ農機の担当が「似たような人がいるよ」と教えてくれたリーフレットに載ってた「WakkaJapan」



2018年、10月の事。

「自分と同じことを考えている人がもっとでかいスケールで存在している」それがとても嬉しく、勇気づけられた想いがありました。ちょうどそのタイミングで休耕地転換を始めたばかりだったか、これから着手する直前だったのかは忘れましたが、当時のスキャナーで撮って、社員にも配布して。大事に保管してました。

縁あってその人たちが青森に会いに来てくれました。わざわざ来てくれると聞いた時は「ほんまかいな」と思いましたけど。会ってみるとみなさん素晴らしい人柄で、やはりオーラを持っています。



自然栽培の課題もビジョンも方向性もとにかく共通する部分が多く、久々に熱い夜を過ごしました。

うちの取締役もみんな同世代。新しい刺激を頂いて、ますますの推進力を手に入れました。

はやく、雪が溶けてくれないかな。(笑)