検索

今年のお米の価格が安いです。

『10,000円と半年間という時間をかけて、8,000円の米を作りました』

そんな状態。コロナや消費量の減少が理由だとして、問題はそこではなくて。


シワ寄せ感が凄すぎます。


生産するためにかけたお金と時間があって。

それを超える価格でないと、来年の稲をつくる為の種や肥料を買うお金を捻出できない。

当たり前のことです。


その当たり前が成り立たないのが農業です。


いや、なぜ成り立たないのかを、今年じっくり考える歳になるのではないでしょうか。

作ってマイナスになるよりだったら、田んぼは誰に貸して賃貸料をもらったほうがいいですよね。何もせずとも、お金が入ってくる。


賃貸料は複数年契約で価格が固定。

従業員への給与や肥料、農薬代は年々上昇。

経費は決まってるのに、販売価格が直前までわからない...というか、現在収穫が終わっているのに、まだ価格が不明。

もう農協におさめているのに、農協から価格提示がない。倉庫がないし、置いておけないから運ぶんですけど。それすらもう依存体質ですよね。


これを安定させるには、やはり「固定/安定」というのが販売側にも求められるということです。


もう一度、仕組みを見直さないと。新しいことを始めないと。

どうやって持続可能な経営体を地域に構築するのか。

その新しいシステムには、誰が必要で誰がいらなくなっていくのか。


家族と、従業員と、地域と。

それを守るために何が必要なのか。


5年後のB/Sを創る為に、計画を密に。

40歳になったので、45歳を目掛けて進みます。


45歳の自分は、どんな船に乗っているのか。

どんな船に乗って、どこを航海しているのか。


支えてくれる皆さんがいる限り、進みます。


毎年、自分の誕生日に撮り重ねてる息子との写真です。

45歳まで...あと5年撮らせてくれるだろうか。。途中で有料になる気がします(笑)


さ、稲刈りは25%終了。まだまだここからです。








更新日:3日前

9月1日リリースのダイヤモンドオンラインに掲載されました。

アグリーンハートの取り組み。5月に新しく策定された「みどりの食料システム戦略」のコーナーです。

書いてあることはいつも通りの内容です。

https://diamond.jp/articles/-/277628


ここまで評価されている...というか取り組みや考えが時代にマッチしているだけなんですが、自然栽培の課題等はまだまだ残ります。去年はヒエを抑えきれなかった圃場が多く、収量はかなり落としてしまいました。で、今年は対策をしてヒエは完全に抑えられたのですが、今度はコナギが大量発生。コナギの方が土壌窒素を吸うので、こっちの方がタチが悪い。。いや、どっちもどっちでしょうか(笑)


1圃場を今年、地元の自然栽培サークルと一緒にやっていて、2週間に1回手で除草しに来てたところの稲は素晴らしい出来です。

どんな時期に何をすればいいのか、はっきりとした手応えをいただいた年でした。

あ、刈るのはこれからですけど。


というところで、今日の問題は、記事の中身とギタレレを持った写真があまりリンクしないということです(笑)いや、自分としては最高に嬉しいですけど。


ちょうど今、県内に流れているJR貨物(東北)さんのCMの曲も歌っています。↓コレです。

曲は農作業しながら作るので一石二鳥。あと、10月にリリース予定ですが、青森県ほたて流通振興協会さんからの依頼で、県のほたてソングをつくってたり。


経営者も農業者も音楽家も、おそらく根っこが一緒で”クリエイター”です。

既存の概念に囚われず、常に柔軟な視点を持っている為には、生活の中に刺激が必要です。モチベーション維持にも大切ですよね。


とにかく、今自分に出来ることを着実に一歩一歩です。そして、自分を支えてくれ、一緒に頑張ってくれる社員には本当に感謝です。今年は米価が大変な年で胃が痛いですけど(笑)、乗り越えないと!!






またしても日本食農連携機構さんが素晴らしいイベントを企画してくれました。

「西日本の農家さんとお話ししてみたい」という願いを叶えてくれました。

東と西で地域の課題がどのように違うのかを知りたい。。。というか、もう稲作(だけではないが)の生産体制やビジョンって、国内全体でバランス取らないといけないんじゃないと思って、東北だけで話し合っていてもダメなんじゃないかという発言がこの企画の種になったのだそうです。



石川の軽部さん、愛知の八木さん、茨城の横田さん。皆、とんでも農家さん。

秋田の佐藤さん、福島の後藤さんはいつもの東北チームです。


それぞれがその地域の未来を担う経営体。

地域の課題や、対JAとの課題等、色々と共有しました。


時間がまっっっっっっっっったく足りないですね。

これは稲刈り終わったら、愛知と石川と茨城に行かないと。


稲刈り最中に考えることがいっぱいできました。あっという間の2時間半でした。

食農連携機構の鈴木さん、平塚さん、貴重な機会をありがとうございました。

この経験を必ず未来へ活かします!