検索

ここ1年、ず〜っと考えていること。コロナ禍でますます求められた経営能力。

前も書いてきたし、youtubeでも話していることですが、経営者にしかできないことは「お金を借りること」です。

で、経営者に必要な2つの能力は

①危機管理能力

②問題解決能力

だと感じてます。リスクマネジメントはもう絶対必須。今から通る道にどれだけのリスクがあるのか、情報を集めて構築して光のある方向の輪郭をはっきりさせて、「冒険」を「挑戦」に変えて導いていく力。


もう一つは問題解決能力。

解決する為にはまずは目の前に問題がないといけません。

あったとして、どんな問題なんでしょうか。

法人を船に例えるなら、現状の航路や船の体力を維持するための問題。

または、新しい航路を導き出すための問題。


問題がない時点で経営者である必要がないです。

例えば農協の常勤じゃない理事さんとか、どうなんでしょうか。

既存の問題には当たってる人がいるかもしれないが、新しい航路の開拓で問題の壁にぶつかりまくっている人はいるんでしょうか。もちろん、企業にはどっちも大事です。


さて、自分は去年初めて県の総合計画審議会の産業雇用部門の委員を仰せつかって、たくさんの優秀な実績を持っている大学教授や経営者の皆さんに囲まれて、コロナ禍になって、

【県に提言していくのは「経済の復旧」ではない、「元に戻ること=退化」だ。新しい場所を作っていかないと】という議論姿勢はとてつもなく刺激になりました。

初めから、第2波、第3波ありき。終息を期待しての提言なんて一つになく『もしもコロナが100年続いたら』的な想定をしながら、それぞれの産業がどの方向をむくべきか、といった提言書をまとめる為に議論しました。自分は農業者代表なので、議論といっても意見を述べるだけなんですけどね(笑)。


開拓者は絶対傷だらけになる。「世の中にないものを作るんだ!」というエネルギーが必要だし、体力も、それよりも気力が必要。

問題がなくなった時点で、おそらく経営者として終了なんだなと思います。


さて、水田の水位センサーを自社で開発してみました。

PCのプログラムとかが得意な社員がやってくれました。問題がないところから、自分に問題を課せて、それを乗り越えていく。とても重要なことです。これ、社命ではなありません。「自分で興味があるからやってみた」です。こういうベクトルを運営に活かしていかないとと思います。

テストは成功。

あとは基盤を使わずに直接ハンダ付けして、部品代をカットすれば2,500円程度でセンサーが作れます。今季は活躍してくれるはず!楽しみです。


家族経営だった時は「土づくり」

法人経営になったら土を作るための「人づくり」が先にあります。

コレはまったくの別世界。


問題は常にある。誰のための、なんの為の問題なのか。

きっとその向こう側にあるのが「企業の存在意義」ですよね。

信念は変わらず。でも、存在意義は時代に合わせてニーズが変われば変えていく必要がある...そんなことを考えながらアスパラ採ってました。



世田谷代田周辺の小学校へ無料配布してきた『いただきますの学校』に動画を加えてみました。世田谷代田キャンパス3店舗でお金を出し合って配布してきた子供向けの食育情報誌なんですが、青森の自然や農業を通じて「いただきます」をもっと知って欲しくて動画を作って配信していくことにしました。

今回は「山菜採り」です。前回投稿しましたが小野名人にとっておきの秘境に連れてってもらったので、おそらく全く苦労せずに収穫できています(笑)すみません。w

山を知っている人と山菜採りにいくとお得ですね!(笑)

https://youtu.be/t15V9tBCnl8

↑クリックしてご覧ください。


これで最後に調理して、その後エンディングで歌ったら...完全にわっち!でやってた『農music農life♪』です(笑)。スポンサーも、関係者もいない分、自分がやりたいようにできるのが利点でしょうか(笑)


そして、編集してみてわかる、ディレクターのすごさとカメラさんと音声さんの大切さ。

会社にこういう部署が欲しくなりますね、作った方がいいのかも。

農業も、土だけじゃなくWEBを耕す時代です。

やることは「アグリーンハートのファンづくり」。

手法は進化しても、いつの時代も変わりません。

これからも自分らしく展開していきますよ〜!


先日、20年ぶりに山菜を取りに行ってきました。

東京店舗で新しく始めるプロジェクトの取材&ロケです。地元のテレビ局でやってたコーナーそのまんま(笑)ただ、対象は都内のお子供達。そしてスポンサーもいないので自由になんでもできる。ただ、TVに比べて視聴者は少ないですけどね(笑)ま、徐々に興味を持ってもらえればと思います。積み重ねていきます。


20歳の時に祖父とたけのこ採りに行って遭難しかけてから、山には行ってませんでしたが、今回は名人に連れられて。これほど”自然の恵み”を体感できるものってないですね。

あと、経済の根本も体験できた気がします。


山に入って採れるものは採れるが、入ってみないとあるかわからないし、探さないといけない。これを商業ベースに乗せようとすると、安定した需要に対して、安定供給が必要になってくると、今の漁業のように「獲る漁業から育てる漁業へ」とシフトしていく。農業はまさしく、先にそれが成立してるだけで。

大昔はこうやって、自然に入って、食べるものを確保し、余剰分は売買していたということですよね。


「養殖」が生まれると、今まで当たり前だったものを「天然」を呼ぶようになるし。


色々考えながらの山菜採りでした。ヘトヘトでしたけど、楽しかったです。

冒険的なのはいつになっても楽しいですね。


連れて行ってくれた名人:小野さんの山菜はお店でも大好評です。

中学バスケット強豪校のコーチを40年やられているそうで、県の業界では有名人のようです。教育者だから、山菜と向き合う姿勢もとても面白い。そして、山菜の楽しみをたくさんの人に知ってほしいという思いを持ってました。とてもいいロケになりました。小野さん、ありがとうございました。

さ、問題は動画編集を自分でやらないといけないということ(笑)頑張ります!