検索

久々の更新となりました。

9月13日から稲刈り開始、毎日15~18時間労働が続いてます。

23:00過ぎの就寝前「明日も4:00、起きれるかな」と目を閉じると、3:30にはシャキーンと目が覚めます。そりゃそう。勉強を頑張った時のテストは返ってくるのが楽しみ。

一年の結果が出る季節、そして今年は収量が多い好成績ばかり続いてるので、脳が寝てくれません。

体のメンテナンスしながら、脳が描くことに対応していかないと、という毎日です。

そんな日々が続くと、息子が起きている時間に向き合えない日が続きます。

だからこの時期は決まってママっ子。寝ていても、ママの方へ転がっていって、パパから離れていtちゃいます。。

昨日、雨が続いたので3週間ぶりに午後休んで、家族でお出かけに。ショッピングモールでママは買い物へ、自分と息子はガチャガチャ探し歩いたり、ゲームやったり。

そうすると、夜寝る時もパパに甘えてくるようになります。寝ている時もこっちに転がってきます。

「気持ちに応える」事がその人との時間を共有しているっていう事だし、人を動かす事の一歩目はそれなんでしょう。鏡になって跳ね返す事も大事だけど、気持ちに応えることが相手にとっての存在証明でしょう。ママっ子だったのが少しだけパパっ子になりました。今月いっぱいが農繁期なので、またすぐママっ子になるんですけどね(笑)

根底。本質。いろんなものを考えさせ、気付かせてくれます。

社員やお客さんに対しても、向き合える人には全力で応えていこう。きっとその積み重ねが人生の意義だなと、そう思った日でした。


最近、面白い企画に巻き込まれてます。足を突っ込んだのは自分なんですが。

青森県内に津軽と南部それぞれにDMOがありますが、それも「地域一丸」がコンセプト。

簡単に言うとこの会議は「東北一丸」を商社視点で商品開発していくというもの。


収益構造や規模感は、生産者視点からだととても捉えられないレンジです。

第一次産業の地域経済規模は7%以下。おそらく、国規模でみても一桁でしょう。


スーパーのレジに並ぶ人のカゴの中を見ると、価格ベースで見れば、8割以上が加工品でしょう。まさにあの中身が経済構造を象徴していると言えます。


農業法人に東証一部上場するような企業は国内にありません。

だから本当の意味で経済ベースで見たときに「大規模農家」は宇宙に対して地球くらいの大きさ、みたいなもんですよね(笑)


その商社や、卸、外食産業に至るまで、今農業参入してきています。

2産業発信の6次産業とでもいいましょうか。

1×2×3でも2×1×3でも、6は6ですから。3から発信でもいいですよね。


「起業」とは地域経済(社会)に対して船を出すということ。

何をしていけるのか、時代に対してどう順応していかないといけないか。

六商会議に参加したことで、新しいフィールドが広がっています。参加メンバーもエネルギッシュですごい!とても勉強になります。負けませんよ!自分に。


今後の展開が楽しみです。


今まで参加したどの会議より(国の会議より)、WEBと繋ぐ設備が立派でした(笑)





大学生相手に講義するタイミングが年に3~4回あるのですが、オンデマンド式になって労力が5倍くらいかかるようになりましたね(笑)

学生の質問に対して動画を2回も撮って、編集して。でも、こっちの方が質疑も多いですね。農業関係の未来を楽しく歩いて欲しいので、人生の先輩として答えました。

テーマは【キャリア形成と私 ~ 働く人を知る ~】です。

画像をクリックするか下のURLでyoutubeに飛びます。新しく農業を始める方や、アグリーンハートの農業経営に興味ある方にもいいはずです。30分あるので、お酒のお共にどうぞ。


▼vol.2 2020.7.31

https://youtu.be/2WfM2IgxUPs



▼vol.1 2020.6.25

https://youtu.be/7DRcsZN9P8s



Copyright(C) takuron All Rights Reserved.